椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、ひどい時は歩行困難

NEKO CATさま 男性:32歳 会社員 都道府県:岐阜県

Q1:どうしてセッションを受けようと思いましたか?

 元々、腰痛持ちで病院では「椎間板ヘルニア」「坐骨神経痛」と診断されました。病院では保存療法が主でしたので、あまり根本的な解決になっていないと感じていた為。様々な療法を試してみたいと思い施術を受けようと思いました。

Q2:セッションを受ける前、心と体はどのような状況でしたか?

 慢性的ではありませんでしたが、酷い時には歩行に支障が出るほどでした。
旅行が趣味ですが外出先で発症(腰痛)するかと思うと不安だったので、東での旅行は避ける傾向にありました。
 

Q3:セッションを受けた後、具体的にどのような効果や変化がありましたか?

先ず、施術後すぐに身体がポカポカと温かくなったことに驚きました。(実際に体温が上がっていました)
何回か通うにつれて、足の痺れも解消され、日常生活に対する不安も無くなりました。

(補足:現在は、6カ月に一度程度のメンテナンスにお越しになられ、以前に比べて体軸バランスも回復力も高まっておられ良い状態をキープされています。)

Q4:セッションを受けていなかったら、今頃どのような状況になっていましたか?

少なくとも、病院の保存療法だけだったら、不安は拭きれなかったと思います。
今は、若干の不安はありますが、毎年の様に海外旅行に行けるようになりました。

Q5:セッションを受けていなかったら、あなたの未来はどうなっていたと思いますか?

常に不安と闘いつづけて、つまらない人生になっていたかもしれません。
 

Q6:もし、セッションをお勧めするとしたら、どんな方におすすめしたいですか?

病院での治療方針に納得できない人(根本的に解決したい人)
病気と不安に闘っている人