INFO お知らせ

【 なんてことだ!?外には、すべて可能性しか見当たりません! 】

固定化された固有のパターンという枠の外にあるもの...
それは、あなたの可能性です。

固有のパターンとは、固定化された《思い込み》です。
ザックリいうと選択の自由を自らで拘束している状態ですね。
その拘束というパターンから解かれたら、すべて可能性でしかありません。

可能性という不確定で無限な”縁”を確定し《固定化》する
それは、良くも悪くも、知覚した認識を《事実》として受け入れる
それが《思い込み》であり、そもそもの”原因”。
そして、その思い込みに導かれるように”結果《現実》”が生まれます。

だったら《固定化》された《思い込み》を
もう一度、ゼロに綺麗さっぱり洗い、可能性に戻してあげれば良いだけのことです。
分かりやすく言えば、《自由》になるということですね。

ガガガしかし、このパターンにはまるとなかなか自分では抜けることはできません。
無意識で当たり前だと思い込んでますから、違和感感じないんですね。
当たり前すぎて。。。

この固定化された《思い込み》が発生されるには
ちゃんとプロセスと構造があります。

ひとつの出来事に対して〇〇〇と〇〇〇が合致し定着した時ですね。

もし、今『辛い、悲しい、苦しい』という《うまくいかない》状況であれば、
それは、過去のデータをアップデートする更新のお知らせです。
ということを前回ブログで書きました。

毎回同じ目線で、毎回同じ言葉や質問では、更新されにくいものです。
その場合は、言葉や質問も無意識に固定化されパターン化されています。

例えば...
『なんで治らいのだろう?』←脳は、治らない理由を検索します。
『なんでうまくいかないのだろう?』←脳は、うまくいかない理由を検索します。
『なんで不幸なんだろう?』←脳は、不幸な理由を検索します。

もし、いつもこのような言葉で質問を自分にしているのであれば、
今迄よりも少し高い位置から自分を眺め
今迄とは違う言葉を意識的にしてみてください。

脳はGoogleの検索エンジンのようなものです。
どんな言葉で質問を、あなたが検索にかけてるかで検索結果が変わります。

例えば...
『元気になったら何しよう?』
『どうしたらうまくいくだろうか?』
『どうなったら幸せって言えるだろう?』

そして『どうしてその変化が欲しいんだろう?』
そして『そのために今から何をしよう?』
そして『それを続けらた今から19日後どうなっているだろう?』
そして『それを続けらた今から131日後どうなっているだろう?』笑

このように検索にかけてる言葉や質問を変えてみてください。
自ずと検索結果が変わります。

あるデータによると、わたし達が1日に行う※内的会話は5万~6万回と言われています。
そして、その中で行われる質問(検索)は1日に5千~1万回と言われています。
(※内的会話…普段の日常で口に出さないで、無意識のうちに心の中でつぶやく会話)

言葉や質問の質が人生の質を決める!と言われる所以ですね。
そして言葉や質問の質が人生の可能性を決める!とも言えますよね。
その質問というのも、そもそもが言葉です。

分かりやすくお伝えするなら
『愛や悦び、豊かさを”思い出す”』言葉や質問をすればいいのです。

そうすると、脳の使われる部位が少しづつ変化し始めます。
そして次第に脳の動き方が変わります。
すると、身体に呼び起こされる反応が変わります。

『貧富の差は、経済的な状況から生まれるものではなく、
言葉のスキルの差から生まれるものである。』

デヴィッド・R・ホーキンズ博士

僕個人的には、これは真実だと思います。
そして、このことは貧富の差だけに止まりません。
『健康』『仕事』『プライベート』『人間関係』すべてです。
クライアントさんと対話しセッションしていて良く理解できます。

先ずは、自分に対する言葉や質問を少しだけ変えてみる。
それが固定化された固有のパターンから選択肢を増やし、
可能性を広げる、はじめの一歩かもしれません。

一歩勇気を出して、前に進んで外に出てみる、
そこには自分の秘めたる可能性が拡がっているのかもしれません。

確実に現実を動かしたいという方は、
知覚フィルターを綺麗さっぱり洗い、洞察力を高める専門的なプログラムがあります。
本氣で現実を動かし可能性を見出したいという方、ご連絡ください。

未だ見ぬ、あなたの勇気ある一歩にお応え致します。

☆☆☆☆☆
トランスフォーメショナル・コーチ
ウツシ手®
サイマテクノロジスト

吉 田 哲 也

Return Top