UNEED生命場研究所代表 吉田哲也

言語心理カウンセラー
ICA国際サイクルマップ公認講師
ストレスクリアメソッドコーチ
トランスフォーメーショナルコーチ
心身言語共鳴アドバイザー
心と体の研究科
イーマ・サウンド社公認 音響振動調律師

  • HOME
  • プロフィール・理念【1】死の淵を彷徨い・・

プロフィールをご覧いただきありがとうございます。

UNEED(ユーニード)代表の吉田哲也と申します。

私は現在、心理技術や音の振動を使った施術などの技術を用いて、クライアントさんの抱える悩みを根本から解決するお手伝いをしています。

 

目に見える変化はそれぞれで、例えば、何年も続く慢性的な腰痛や、今の医療では治療するのが難しい病を止めたり、事業がいまいち上手く軌道に乗らない経営者の方の収入が3倍になったりしています。

こんな風にお伝えすると、まるで私が病気を治しているとか、会社の経営相談に乗っているかのように聞こえるかもしれませんが、私がやっているのはあくまで「生き方の軌道修正」のお手伝いです。

つまり、これまでの体験で作った思い込みを変化させることで、心の中のブレーキを外し、施術で体を順応させているのです。

 

私が岐阜のマンションの一室で開業した時には周りから

「上手くいくわけがない。」
「田舎で何が出来る!」

と散々に言われていましたが、

お陰様で誠心誠意クライアントさんと向き合ってきた結果、紹介で来てくださる方が増え、今では地元の岐阜はもちろん、日本中、いや、はるばる遠方のマレーシアやアメリカ、オーストラリアなどの海外からお越しくださる方もおり、皆様から喜びの声を頂いています。

 

このように、今でこそ多くのクライアントさんに恵まれておるわけですが、ここに至るまでには、私自信が死にそうになったり、貯金残高がたったの3,000円になったりと様々などん底を味わってきました。

死の淵を彷徨い・・

私が人体に興味を持ったのは高校2年生の2月のことです。
原因不明の体調不良で、自分が死にそうになったことがキッカケでした。

 

はじめは風邪をひいたくらいの症状でした。

体温を計ると熱があったので、念のために病院で診察を受けることにしました。

 

その時の医師の

「この時期ならインフルエンザでしょう。点滴して薬出しておきますね。」

の一言で点滴をすると体が悲鳴を上げ始めたのです。

 

点滴前は少し熱がある程度だったのが、めまい、嘔吐など突然体調が悪化して、酷い事に病院から帰宅すると更に様態が悪くなり、血便、血尿を繰り返しました。

服を何枚来ても、ストーブにあたっていても寒くてたまらず、熱いお風呂に浸かりましたが、それでもブルブル震えが止まらないのです。

それだけでは治まらず、これまで見たことのないようなエメラルドグリーン色の嘔吐までする状態、翌日には黄疸が出てしまいました。

 

(一体、僕の体はどうしてしまったんだ?!)

 

立っていることすら出来ないフラフラの状態になった私は父に連れられ、
今度は別の医師の診察を受ました。

病院についてからも体調は悪くなっていき、
医師に「今すぐ入院して下さい。」と言われた瞬間、気絶してしまったのです。

 

気がついたときには、まるで子供の頃のように、父の腕に抱かれて安心する自分がいました。

こうして入院したのですが、点滴や注射など様々な処置を施してもずっと悪寒が止まらず、それどころか様態は益々悪くなっていきました。

 

最悪の状態が何日も続いたのです。

 

そして・・・そんな状態が1週間ほど続いた頃。

遂にこう言われてしまいました。

【2】病気をやめるお手伝いをしたい