大切なお知らせ

こんにちは吉田です。

いよいよ最後の音声になるかもしれません。

これまでで一番大事なことをお伝えしますので、是非、集中してメッセージを聴いて(読んで)いただけたら幸いです。

 

文字起こし

吉田です。

本日もメッセージを受け取っていただき、ありがとうございます。

 

これまで、たくさんのワークに取り組んでいただき、心より感謝いたします。

これまでに、1日目では現状の不満を書き出していきましたよね。

 

そして、2日目では、現状の不満に対する、あなたが期待している理想の状態っていうものを書き出していただきました。

そして、3日目では、理想が叶ってしまった時のデメリットですね。

あなたが期待している理想が叶ってしまった時のデメリットっていうものを書き出していただきました。

 

そして4日目では、理想が叶っていない現状のメリットというものを書き出していただいたと思います。

音声のみでここまでできたあなたを、まずは褒めてあげてほしいんです。

ぜひご自身を褒めてあげてください。
そして自信を持ってください。

 

前回もお話しましたように、世の中には、

コーチコンサルセラピスト、自己啓発、心理学、引き寄せ、スピリチュアルまで、色々なメソッド、スキルといった玉石混合した教えが氾濫した、乱世の時代にも関わらず、

それでもまだ99%の人が、変わりたいけど変われないと、右往左往してさまよっているわけですよね。

 

では、なぜ99%の人が変われないのか。

その原因をお伝えしていきました。

 

実は、ポジティブの弊害が見落とされ、そして無意識にネガティブ思考は悪いものだと教えられて、
ネガティブを避けるように、避けるようにという癖がついてしまっているために、

99%の人が、目標達成だったり、願望実現というものを叶えることができない、大きな要因だとお伝えしていきました。

 

そして、99%の人が変われない壁をぶち壊して、突破するそのカギは、ネガティブとポジティブの統合でしたよね。

 

ネガティブとポジティブは、コインの表と裏の関係性なんです。

そしてこの2つ、このネガティブとポジティブ、この2つがあってこそ、この1つの目的だったり願望実現を達成するために必要なものだということだったんです。

ですから、ネガティブを避けていては、いつまで経っても願望実現するわけがない。

叶わないわけです。

 

そして、ネガティブを見ること。

ネガティブを見ていくことによって、その奥を見ていくことによって、実はものすごく、人生に役に立ってる、あなたに役に立って、助けになってるっていうことが本当に気づけていくわけです。

 

そして、ネガティブとポジティブ、この両方を受け入れた状態になった時、自分の進むべき方向性っていうものが明らかになっていきます。

それが目的達成をするその最短の方法なんです。

目的達成に向かう最短な方法。
早まっていきますよ。

 

そして、ここまで終えていただいて、このメッセージを最後まで聞いていただいてるということは、あなたは本気で人生に変化をもたらしたいと望まれているんだと思います。

そして、もっと自由に、もっと自分らしく、笑い、楽しみながら生きたいというあなたの思いが、このメッセージを受け取らせたのだと思います。

 

あなたがこのメッセージを聞いているということは、人生に変化をもたらす流れに乗れつつある兆候だと言えます。

そして、ぜひこの流れを大切にしてください。

 

何を始めるにも、どんな心持ちでスタートするかが大切ですと、何度かこのメッセージでもお伝えしていきました。

今までのワークをやり切ったという、この自己肯定感が高まった状態にいる今、もしくはさらに豊かに面白い世界、こんな時代だからこそ、もっと豊かに面白い世界を体験したいと思われていると思います。

 

そしてぜひ、そちらの方向に進んでいただきたい。

 

もっと、そして自由に。

もっと自分らしく生きようと決められた今が、何かをスタートし、チャレンジする絶好のタイミングなんです。

 

何かを始める時っていうのは、確かに少しエネルギーが必要になります。

イメージしてもらいたいんです。

自転車をこぎ始めが一番エネルギーっていうものを必要とするように、そして、こぎ始めて流れに乗ってしまえば、楽にすうっと前進していきます。

それと同じなんです。

 

そして飛行機をイメージしてみてください。
飛行機をイメージしてみてくださいよ。

飛行機が滑走路から離陸するとき、ずうっと離陸する時、強い風の抵抗をすごく受けるんですよ、あれね。

 

そして加速によって一定の速度に達した時に、すうっと離陸していきます。

地上から離れて空に向かって行きます。

 

そして、空に向かい、風を受けながら速度をどんどん上げることによって、上昇気流に乗ることができるわけなんです。

 

そしてもしここで、うわっ!向かい風が強い!抵抗が強いからもうやめよう。」というふうに、この流れに乗るのをやめてしまったらどうなるか?ということです。

たちまち飛行機は失速して、墜落してしまいますよね。

これは僕たち人間も同じかもしれないんです。

 

自分自身や周りの抵抗が強くても、どんどん速度を上げて進んでいけば、必ず上昇気流に乗ることができます。

しかし、抵抗が強いからという理由で手を緩めたりだとかしてしまうと、
せっかく自己肯定感を高め、新しいステージに入るっていう直前に失速してしまうということが起きてしまいがちなんです。

 

このようなワークは、一度やめて、再度チャレンジするときっていうのは、さらに抵抗を強く感じるかもしれません。

そしてやめ癖のループがつくと、このやめ癖のループを断ち切るというのが実に大変なんです。

 

ですからこの加速を途切れさせないように、この流れで上昇気流に乗ってみるのもいいかもしれませんね。

 

そして、自己肯定感を高め、人生の目的や目標を達成し、やりたいことを笑い楽しみながら実現していく。

そしてさらに人生を楽しみにしていただくと、面白い人生にしていただく。

 

そのために僕はあなたをサポートさせていただきますし、今は音声という形ですけれども、ご縁をいただいているんだと感じています。

 

あなたはこの流れに乗り、人生を次のステージへ進めるか、それとも、今の変わらないままの人生を生き続けるのか、この人生の分岐点をどう活かしますかということです。

ぜひ直感にしたがって行動してみてください。

 

ご参加いただいた方のご質問やご要望を読まさせていただき、どんなメソッドを使えばいいのですかというご質問が多かったわけなんですけども、

ということは、

やっぱり皆さん心の奥底では変わりたいという願望を持っていらっしゃるわけなんですね。

 

そして、あなたは本当の自分として、人生を笑い楽しみたいんだと思います。

自己肯定感を高めていくことが重要なんだと、皆さん気づかれているんでしょうね。

そして、ですので、このご参加いただいた方々からたくさんの質問を多くいただいたんだと思います。

 

そして、どんなメソッドを使えばいいのか?ということなんですけれども、

 

これは皆さんと同じように、僕もずっとどんなメソッドが最高なのか、
どんなメソッドがより良いのかということを長年探求し、研究し続けてきました。

そこで、様々なノウハウを学ぶために、1500万円以上投資してきました。

 

まずはNLPをはじめ、心理系のメソッドだったり、メルセデスベンツだったりエアカナダ。

 

また、ダライ・ラマと並び世界の賢人10人にも選ばれている、ドクター・ジョン・F・ディマティーニから、
彼のメソッドを、日本や、そして日本では教えられていない、海外ででしか教えられていない、プログラムっていうものを、アメリカに行って、彼から直接学んできました。

 

日本人に合うように、それらを組み合わせて、独自に開発したオリジナルのものを提供させていただきます。

日本人に合うようなっていうところがすごくポイントになってきます。

 

そして、このメソッドだけを受けるのではなくて、人生にすばやく影響を与えて、上昇気流へと促してしまうような、特別なワークを特典としてつけさせていただきます。

ぜひそちらも受け取って、あなたの人生に貢献できれば、本当にうれしく思います。

 

このメソッドの特徴は、いつでも、どこでも、誰にでもできるような、シンプルで簡単なメソッドになっていますので、ご安心してください。

ぜひ内容をご覧ください。

 

人生にはアイディアやインスピレーションは大切です。

また、人生に奇跡が起きることを信じるということも大切です。

ですが、待っていては何も起こらないということなんですね。

 

自分から、自ら取りに行く人だけ、アイディアやインスピレーション、また、人生に奇跡のようなことが起きます。

そのための始めの一歩は行動することを決めるということなんです。

 

そして、決めたのなら、ぜひその直感に従ってみてください。

この直感に従った行動による結果というのは、後々様々な場面で現れてきます。

そして、あなたの直感の正確性を知ることになるはずです。

あなたの直感が正しかったことっていうのを知るはずです。

 

近い将来、あなたが行動しようと決めた今日を振り返った時、あの時の行動して本当に良かったと言えるはずです。

あなたの人生に役立ち、貢献できることを心より、切に願っています。

直感的にこれは必要だって感じていただけたら、直感に従って行動してみてください。

 

それでは、本日も最後まで音声を聞いていただき、ありがとうございました。

お会いできるのを楽しみにしております。